コスメと健康オタクのきょーこのブログ

ウォシュレットがないと便秘になりがちです

"昔はウォッシュレットトイレというものはなく、学校では和式トイレが一般的でした。
自宅は洋式トイレでしたが、ごく普通のシンプルなトイレでした。

 

しかし現在自宅はもちろんですが、会社でも出先でもウォシュレットトイレが一般的になり、用を足したらボタンを押しておしりを洗うという流れが定着しつつあります。

 

私はどちらかというと便秘気味で、用を足す前にウォッシュレットの水圧で刺激を当てるとスムーズに用を足す事ができます。

 

自宅のウォッシュレットの水圧が結構高いので、いい刺激になるのですが、機種によっては水圧が低く、満足の行く圧がかからずにスムーズに排便できないことがあります。

 

これはよく旅行先で起り、旅館のトイレや高速道路のサービスエリアでトイレに入ると、確率的に水圧の低いウォシュレットに当たることがよくあります。

 

環境が変わって普段と違う時間を過ごしているから身体が緊張しているということもあるかと思うのですが、なかなかうまく用を足せずに便秘になってしまうことが多々あります。

 

 

旅先ではこの苦痛を何度も味わっているので、ウォシュレットに頼らずにヨーグルトを食べたり、お腹をマッサージしたりして腸の働きを促すのですが、あまり高い効果が見られません。

 

やはり、自宅でも実践しているウォシュレットの水圧が自分にとってはいい刺激なのですが、旅先では自分に合うトイレが見つからず、なかなかうまくいきません。

 

外出先ではトイレに入れれば良しということもあるので、この悩みは贅沢なのかも知れませんが、薬に頼らず何とか解決策があればと思っています。